敏感肌でも怖くない~低刺激ファンデーションで生き生きメイク~

微笑む女性

年々増えている乾燥状態

目を閉じる女性

現在はエアコンによる乾燥状態にいる人が多くなっているため、乾燥肌の人は年々増えています。乾燥肌のスキンケアは、まず化粧水などによる保湿と、クリームなどで仕上げて表面が乾かないようにすることが重要です。

化粧品の選び方と使い方

女性と化粧水

肌にたっぷりと水分と栄養分を送り込む化粧水は、乾燥肌には重要なアイテムですから、保湿力が高く浸透力に長けたものを選びましょう。また、化粧水は温めて少量ずつなじませるようにして、充分に浸透させるのがコツです。

美しい肌作りの方法

ファンデ

スキンケア感覚が人気

少しの外的刺激によって肌荒れしやすかったり、季節の変わり目やストレスなどが原因で肌の調子が悪くなる方は、敏感肌である可能性があります。敏感肌は普通肌に比べて様々な刺激に過敏に反応する傾向にあるため、肌のコンディションが悪い日も少なくありません。生理前に肌荒れしやすいなどの症状が目立つ方も、敏感肌の可能性があると考えられています。敏感肌向け化粧品は様々なメーカーより販売されていますので、自分の肌質にあった化粧品を使用したケアをすることで、肌荒れを未然に防ぐことができるメリットがあります。敏感肌用ファンデーションも人気です。肌荒れの赤みなどをきれいにカバーしつつ、スキンケア効果も期待できることから、今後も需要の拡大が見込まれます。

刺激から肌を守るために

肌が過敏に反応しやすい状態の場合、メイクをしないほうが良いという意見もある一方で、むしろファンデーションは使用したほうが良いという意見もあります。ファンデーションには、ホコリや紫外線など外的刺激要因から肌を守ることができるといったメリットがあるため敏感肌用ファンデーションはスキンケア感覚で使用できるタイプが口コミでも人気です。敏感肌用ファンデーションには様々なタイプがあり、パウダータイプやクリームタイプ、リキッドタイプなどが挙げられます。又、肌に負担がかかる成分は一切使用していないといわれるミネラルファンデーションは、敏感肌の方でも肌トラブルが起きにくいと人気で、トライアルキットなども販売されています。

きちんと洗いしっかり潤す

肌のチェック

乾燥肌には保湿が絶対条件ですがクレンジングの大切さも忘れてはいけません。強くこすらずに優しく包むように洗う事が大切です。またクレンジング剤も肌状態に合わせて使い分けると効果があります。きちんと汚れが落ちてこそ保湿も効いてくるのです。